その他

【大阪府堺市の闇】堺市の大阪自民の公選法違反事件の黒幕報道。竹山修身、野村友昭、岡下昌平、共産党、民主党系共闘。不正の温床か!?

大阪府堺市の闇

問題の記事

2021/6/5 市長選での公職選挙法違反の黒幕報道

堺市長選、公選法違反事件のウラに内閣府政務官、被告が公判を請求した狙い(週刊新潮 2021年6月3日号掲載)

選挙違反の舞台は2019年6月、前任の竹山修身市長が政治資金問題で辞任したために行われた堺市長選である。大阪維新の会の候補の対抗馬として、元自民党堺市議の野村友昭氏が立候補したのだが、その野村氏を支援したのが、地元選出の岡下氏だった。

デイリー新潮(一部抜粋)

野村友昭陣営 公職選挙法違反

2019/6/24 告示前投票依頼容疑で書類送検

竹山修身市長が政治資金問題で辞任したために行われた堺市長選挙。大阪維新の会の候補の対抗馬として立候補したのが、元自民党市議の野村友昭氏であった。

その選挙で告示日前に、野村氏の出身高校の卒業生約1万人に投票依頼の文書を送った。告示前に投票を呼び掛けることは公選法で禁じられている「事前運動」にあたる。大阪府警は投開票後まもなく、当時37歳の選挙スタッフらを立件し、後に略式起訴された。

大阪府警は24日、陣営の出納責任者だった◯根健・元堺市議(37)、◯谷文克・元堺市議(71)の2人を公職選挙法違反(事前運動、法定外文書頒布)の疑いで書類送検。

末尾に野村氏の直筆のように見える署名があったが、「自分が別の場所に書いた署名が流用された。文書は知らなかった」と説明。府警は野村氏の関与はなく、2人が署名を流用したと判断。

岡下昌平が黒幕? 大阪地裁堺支部の判決で真実が

(2021/4/15)被告らは無罪。大阪府警の聴取では自白していたようだが、「嘘の自白だった」と公判時に供述。さらに被告は「岡下さんは文書発送を事前に承知し、発送を手伝ってくれる人を募りたいと話していた」とのこと。

記事によると・・・

 当時のスタッフは

「文書送付は選対本部の会議で決まっています。その会議の決裁権を持つのはトップの岡下さんでした。告示前の文書の発送をその会議で了承していましたから」(同)

 さらに当時の選挙スタッフが話を継ぐ。

「裁判で被告は自身が身代わりだったとしています。身代わりになることは事前に選対の面々に伝えた上で、自らの名誉のためにも、自分が身代わりであることを親しい関係者に知らせてほしいと自民党の市議らに依頼していました。しかし、何ら対応がなされず、呆れた彼は罰金刑で済むところ、あえて裁判を請求し、否認に転じたのです」

デイリー新潮より(一部抜粋)

しかし、本人は

岡下昌平

そもそも私は選対のトップではないし、私の指示で文書が発送されたなんてことはありません。

というのみ。

大阪府民

身代わりだったわけですね。政治家ってそんなに汚いんですか?さすが大阪自民。根っから腐ってるわ。身代わり証言した人らも2度と政治家になってほしくないわね。

竹山修身 政治資金規正法違反事件

ここで、今回の市長選挙に至った経緯を説明します。前堺市長が、2012~17年の関係3政治団体の政治資金収支報告書には、収入と支出を合わせて総額2億3484万円の記載漏れ。説明すらまともにできず、引き伸ばすだけ引き伸ばし結局辞任にいたったのである。

大阪府民

それだけ???

結局辞任をしたものの、説明すらなし。どこに消えたのか!

政治思想は?誰に応援されていたのか

部落解放同盟の中央機関紙
  • 共産党(小池晃・宮本たけし・山下芳生)
  • 民主党系(辻元清美・枝野幸男・福山哲郎)
  • 大阪自民系(二階俊博・石破茂・松川るい・太田房江・柳本・岡下昌平・中山泰秀)
  • 関西生コン
  • 連合大阪
  • 部落解放同盟

なんなんだ?

ABOUT ME
ソウルオブZ
楽しんでくれた?
関連記事