TOP
政治

【結局共闘】共闘本は延期したけど、やっぱ共闘するわ。市民連合主導で野党共闘を発表「立憲、共産、社民、れいわ」

【衆議院選挙2021】市民連合主導で野党共闘を発表 「立憲、共産、社民に加え、れいわ新撰組」

記事

市民連合

野党共闘を呼びかける市民団体「安保法制の廃止と立憲主義の回復を求める市民連合」(市民連合)

署名活動

立憲野党は新しい政治の「選択肢」を示してくださいという署名活動に下記の方達の名前がありました。

【よびかけ人】

 大沢 真理(東京大学名誉教授)
 佐藤 学(東京大学名誉教授) 
 長尾 詩子(ママの会・弁護士)
 中野 晃一(上智大学教授)
 菱山 南帆子(総がかり行動運営委員)
 広渡 清吾(東京大学名誉教授)
 山口 二郎(法政大学教授)

HPのコラムには、日本共産党・社民党・立憲民主党・れいわ新撰組の面々。(福島みずほ氏・辻元清美氏・田村智子氏)

Twitterの反応

予想通り

まとめ

そういえば、立憲民主党の枝野さんは、

と言ってましたが、結局共闘するようですね。

ちなみにこの延期した本は、「政権交代で日本をアップデートする」(大月書店)という題名で、法政大の山口二郎教授が編集したものだそうです。(日本共産党の党大会や、選挙応援に行かれている教授のようですね。画像が沢山ありました。)

中にはこんな動画も・・・

さらに市民連合は「広域行政一元化」は「大阪市乗っ取り計画」だとも主張しています。

共産党を含め大阪自民も、同じような思想ですね。おかしいですね。

ABOUT ME
スジャータ
楽しんでくれた?
関連記事